院長ご挨拶 | 大阪市住吉区 あびこ駅 南里眼科 | 日帰り白内障手術

〒558-0011 大阪市住吉区苅田-9-15-26 大阪市営地下鉄 あびこ駅 3番・4番出口 徒歩 1分

06-6696-8732

院長ご挨拶

南里眼科の理念

目の前の患者さんが、もし自分ならどのように診察をしてもらいたいか?
目の前の患者さんが、もし自分の家族ならどのように診察を進めていくだろうか?

医師だけではなく、南里眼科スタッフ全員が「患者さん中心」の診療を心がけます。

院長ご挨拶

南里眼科は平成29年4月開院いたしました。お陰様で、今年開院2年を迎えることができました。これもひとえに地域の皆様方の暖かいご支援の賜物と心より感謝しております。

期待と不安の中、開院初日を迎えたのがまるで昨日の様です。
あっという間に3年目を迎えたとの印象です。
この2年間のやれたこと、やれなかったこと、今後のやるべきこと、やりたいことをリストアップして、よりよい診療につなげていきたいと思います。

眼は非常に敏感な器官であり、疾患の種類も数多くある上、患者さま一人ひとり症状が異なります。当院は、『眼』の総合病院として、症状を詳しくお伺いし、丁寧な診察とどなたにもわかりやすい説明を心がけております。
白内障手術、緑内障、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症や加齢黄斑変性などの眼底疾患から、ドライアイ、眼精疲労、コンタクトレンズまで、患者様のあらゆる目のご相談に対応し、常に最新鋭の医療設備と医療技術を整え、最良の安心できる眼科医療をご提供できるよう、日々精進してまいります。

地域の皆様から信頼を寄せていただける「目のかかりつけ医」を目指し、スタッフ一同全力を尽くしてまいります。
今後ともご指導・ご鞭撻賜りますよう、お願い申し上げます。

南里眼科 院長 南里 勇

略歴

  • 近畿大学医学部眼科学教室入局
  • 近畿大学医学部附属病院眼科研修医
  • 近畿大学医学部附属病院眼科助教
  • 社会医療法人若弘会 若草第一病院眼科
  • 大阪府済生会富田林病院眼科副医長
  • 医療法人浩仁会南堺病院眼科医長
  • 近畿大学医学部附属病院非常勤医師
  • 南里眼科 院長

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本糖尿病眼学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本角膜移植学会
  • 米国視覚眼科学会(ARVO)

資格

  • 日本眼科学会認定眼科専門医
眼科医を志した理由を教えてください。
眼底は人間の体の中で唯一、直接肉眼で血管の状態を確認することができる場所で、眼の病気だけではなく、血管の状態から動脈硬化や糖尿病なども発見が可能です。
初めて見た時の感動は忘れられません。その感動が大きな志望動機となりました。
診療にあたって心がけていることはありますか?
当クリニックの理念にありますように、「目の前の患者さんが、自分の家族だったらどのように接して欲しいだろうか…どのような治療や説明を受けたいだろうか…」
常にその気持ちをもって診療にあたります。
そして、南里眼科では常に患者さんが中心です。
わかり易い説明は当たり前ですが、充分に理解を深めていただくために、診察室内の画像確認モニターの場所にもこだわり、患者さん目線で設置いたしました。
常に笑顔で優しいご対応ができるよう、スタッフの教育にも力をいれております。
これまで勤務してきた総合病院では主にどのような疾患の治療にあたったのですか?
一般眼科疾患はもちろんですが、白内障、糖尿病網膜症、網脈静脈閉塞症、加齢黄斑変性、緑内障、ドライアイ、ぶどう膜炎などを診てまいりました。ほんの少しの違和感が、実は失明につながるようなサインだった、ということは数多くあります。ささいなことでもおかしいなと感じたら、眼科を受診するようにしてください。
南里眼科の特長を教えてください
患者さんが中心のクリニックですので、画一的ではなく、患者さんお一人お一人に臨機応変に対応していきます。
合理的で迅速な検査、高度な機器と医療技術により、患者さんから「南里眼科にかかって良かった」と信頼され満足度の高い診療を提供できるように努力してまいります。